毎月の支払いが厳しくなった

債務返済が厳しくなった場合、トレーダーと相談する際には、毎月の返済額をより容易にするということで解決することが推奨されるかもしれません。この場合、契約者の合意に基づいて残りの借入金を合計支払額として決済することをお勧めします。これにより、月額返済額はそれまでの支払額よりも少なくなります。
毎月の返済額が少なくなると、一目で負担が少ないように見えるので、ベンダーの推薦に従って決済をする方が有利だと思われますが、そのような決済には注意してください。
特に、過去借入金の契約金利が金利制限法の制限金利(年率15%?20%)を超えている場合には、金利制限法による再計算を行うと、実際に請負業者による借金残高は少なくなる可能性があります。 (特に、2010年6月以降に取引を続ける人は注意が必要です)。
ベンダーが推奨するように決済した後は、実際に支払う必要がある残りの債務が、決済に基づく合計支払額よりも大きいことが後で判明したとしても、後でその決済を取り消すことは困難かもしれません。そのような和解を依頼された場合は、弁護士などの専門家に相談し、弁護士などの専門家に依頼して、受け取る前に実際に支払う必要のある債務残高を確認することが重要です。
また、複数のベンダーから借り入れている場合でも、たとえ1つのディーラーとしか調和していても、その分だけ月々の返済額が減っても、全体としては負債として支払うことは困難です。意味がない可能性があります。毎月の支払いが厳しくなったと考えると、1人のディーラーで決済するのは容易ではなく、請負業者に残っている債務を含めた債務の総額を正確に把握し、収入を得る必要があります。に対応する計画。また、返済計画が立てられていない場合は、倒産、民事再生等の訴訟を起こすことを検討することが重要です。
あなた自身の負債を静かに把握することは困難です。毎月の返済額の負担が大きいと考えている場合は、将来の返済計画を第三者の視点で確認することが重要ですので、お気軽にご相談ください。弁護士会の法律相談センターに相談してください。

比較ページへのリンク画像