借金整理を依頼するとき

弁護士に借金整理を依頼するときは、原則として、弁護士との直接面談が原則です
私は家の改築を行うとき、電話で改装会社と会う人は誰もいないと思ます。リフォーム会社は顧客の自宅を現地で確認して顧客から直接聞くので、顧客の要望に応じた住宅や改革が実現する必要があります。
同じことが複数の債務問題の解決にも当てはまり、弁護士自身が自分の状況(債務内容、資産、収入、生活費およびその他の生活条件など)および債務整理のための政策を説明することができますコンサルタントの現状を慎重に聞いて初めて十分に考慮した見通しと政策。
JFBAは、弁護士は、債務整理のために直接顧客と会わなかった場合に弁護士が頻繁に問題に遭遇したため、弁護士が原則として顧客に直接インタビューする必要があると規定しています。
直接インタビューの原則では、直接インタビューが「特別な状況が困難」である場合には例外が認められますが、遠いところに住むクライアントだけでは不十分です。緊急時など直接面接が「特別な状況が難しい」と言うには、借金整理の場合に直接面接が必要な理由を犠牲にしても、面接なしで受け入れます。顧客の利益に適するとみなされる特別な状況が含まれます。また、状況が終わった後、速やかに面接を行う必要があります。
バー協会の法律相談センターでのクレソラカウンセリングは、弁護士自身が依頼を受けて相談を受けても安全です。
また、JFBAが制定した「債務整理の規律を規定する規則」については、下記のJFBAのウェブサイトで内容を確認することができます。

比較ページへのリンク画像