債務整理に関する相談

私たちは、債務整理に関する相談を受ける際に、「弁護士費用が高い」「コンサルタントからの弁護士負担が心配です」弁護士費用が障害になり、私が遭遇する可能性のある要求を躊躇します。

 

確かに債務整理を請求する場合、その金額は固定金額であり、恣意的な選別の場合は、債権者1人につき42,000円、自己破産の場合42万円です(どちらの場合も、実際の費用を除いた和解料金と報酬の合計金額の原則のおおよその見積もりが課されます。
しかし、自発的な取り決めの場合、この弁護士費用と引き換えに、債務支払い交渉を弁護士に任せ、利息と免除を減らして和解するというメリットがあります。さらに、自己破産の場合、弁護士費用の支払いの代償として借り手の債務を返済する必要がないという効果を得ることができます。
言い換えれば、数万円から数十万円の弁護士費用を支払うことよりも有利であり、高い法定利率を無期限に払い続けることと、より多くの借金を引き続き支払うことを継続することです。自分を思い出させるために苦労している人弁護士費用を支払っても、自己破産を要求して借金を返済しないようにしたいと思っている人、弁護士に借金整理を依頼する十分なメリットがあると言うことができます。
また弁護士は弁護士と同様に分割払いが可能であり、弁護士は貸し手ではないため、弁護士料の支払いが延期されても直ちに弁護士が徴収されることはありません。
また、所得が低く、弁護士費用がかかりにくい場合は、法的テラスを使用して弁護士費用の補助を受けることもできます。

 

このように相談を経験した弁護士の印象は、弁護士費用が高く、弁護士費用を支払うことができるかどうかを借金整理に躊躇させる理由ではないということです。
弁護士費用の面で相談することを躊躇している方は、お気軽にご相談ください。

比較ページへのリンク画像