相談センター

法人や個人事業主の債務整理手続きに関する相談も受け付けています
一般的に皆様は、弁護士はクレジット、サラ金の特別な相談センターであると思いますか?あなたがお金に困っている場合は、サラ金からクレジットを払い、借りる多くの人がいます。しかし、サラ金からの融資や借り入れのない人からの相談を受けました。

 

ある人は、借り入れのプロンプトが信用保証協会または債務回収会社から来たのが困っていると相談しました。生活商品の製造・販売を行っていた人は、かつては中国で工場を経営していましたが、中国の工場は処分され、借入金の総額は1億円を超えました。彼は金利の高い金融業者とサラ金・クレジットを置かなかった。約3年前に公務員として家に不動産を処分し、未払金を全額支払ったが、税の内訳レポートを発行したようだ。会社の財産はなく、督促は個人に起こるため、個々の破産手続を希望することを意味していました。
私はしばしば尋ねたように、会社はまだビジネス登録をしていますが、会社の事務所がないので、共同保証人の社長が起訴されたケースです。このような場合には、会社の現実がなくても、会社が法的に存在し負債を負っているため、会社の破産手続を提出する必要があります。
そのような会社であっても、気づかない債権者がいる可能性があり、回収されていない売掛金や資産が残っている可能性があるため、東京地方裁判所は破産事件を調査の事例として使用している。しかし、この場合、会社の現実はないので、破産管財人は過去の決算を検討し、第1回債権者会議で終了する予定です。

 

ここではあなたの懸念はコストだと思いますが、会社破産の場合、裁判所の前払いとして最低20万円が必要です。ただし、この金額は分割払いで支払うことができ、大統領の個人と一緒に不服を申し立てると、大統領と個人との合計2つの項目があらかじめ20万円になります。
また弁護士会の弁護士相談センターでは、弁護士が会社と社長の2つの破産事件を受理した場合の弁護士費用の割引制度もあります。詳細は、法務相談センターにお問い合わせください。

 

東京での印刷業務に従事しており、メインバンクの信用組合を払うことができない銀行や信用組合から約3,800万円を借りていると、すでに相談している。クレジットからの借入はありませんでした.、仕事中は熱心に働いていましたが、業界自体が縮小傾向にあり、ビジネスパートナからの委託が終了したことが原因です。

 

自分自身もこのプロジェクトに取り組んでいましたが、私は仕事を続けたいと考えていましたが、家のアパートの住宅ローンとレンタルの職場の家賃も停滞する傾向がありましたので、破産申請を勧めました。
彼自身を考えた後、彼は仕事を続けることを断念され、弁護士に破産請願を委任した。弁護士は、銀行の債権者等への承諾通知を送り、債権者の督促を止め、自宅への自発的売却を指示し、賃貸されている職場の建物の移転を家主と直接交渉する。

 

このように、弁護士が破産請求を受け入れる場合、破産申請書の作成だけでなく、倒産申請に必要な範囲内で、その人の生活指導やシステムの指導を行います。弁護士にあなたの状況を率直に説明してください、相談してください。
中小企業金融円滑化法は今年3月に閉鎖される予定です。中小企業の経営者や融資条件の変更を行っている企業の場合は、法律相談センターにご相談ください。

比較ページへのリンク画像