闇金業者からの支払い回避について

現在の【利息制限法の上限金利】
上限金利は以下の通りです。

 

10万円未満   年20%
10万円~100万円未満  年18%
100万円以上  年15%

 

 

【利息制限法の遅延損害金】

 

10万円未満  年29.2%
10万円~100万円未満  年26.28%
100万円以上 年21.9%

 

それでは、上限金利を超えていたら実際どうなるのか?→超過分は無効になります。
闇金ウシジマくんのストーリーの中ではこの金利をはるかに上回る金利で貸し付けています。これが闇金のスタイルになります。
そして更に、利息制限法に違反すると金融業者として貸し付けを行っている場合は行政処分の対象になります。
闇金業者の多く、大半は正規の金融業の申請をしていません。なので、お金を借りたものが行政に対し申請をすると闇金業者に対しては一切の返済をしなくて済むように対応します。

 

今回ここでは、新しく遅延損害金というワードが出て来ましたが、遅延損害金とは借金をする際に返済期日を定めています。
その返済期日の約束を守らなかった場合の損害賠償と言うことです。
簡単に言ってしまえば、約束を破った時のペナルティと言うことです。遅延損害金の上限は、利息制限法で定めた金利の1.46倍までと設定。

 

例えば:年20%×1.46倍=29.2%

 

ここで少し分かりやすく補足すると、
例えば、個人間での貸し借りで利息を定めていなかった場合があるとします。
↓ ↓
その時さいに、返済期日に弁済しなかった場合は、民法で定める損害賠償の年間5%が適用されます。
また、商人の場合であれば、商法で定める年6%が適用されるという内容です。

 

 

以下出資法より抜粋、高金利の処罰についての説明を見ていきましょう。

 

(高金利の処罰)

 

第5条 金銭の貸付けを行う者が、年109.5パーセント(2月29日を含む1年については年109.8パーセントとし、1日当たりについては0.3パーセントとする。)を超える割合による利息(債務の不履行について予定される賠償額を含む。以下同じ。)の契約をしたときは、5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。当該割合を超える割合による利息を受領し、又はその支払を要求した者も、同様とする。

 

2 前項の規定にかかわらず、金銭の貸付けを行う者が業として金銭の貸付けを行う場合において、年20パーセントを超える割合による利息の契約をしたときは、5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。その貸付けに関し、当該割合を超える割合による利息を受領し、又はその支払を要求した者も、同様とする。

 

3 前2項の規定にかかわらず、金銭の貸付けを行う者が業として金銭の貸付けを行う場合において、年109.5パーセント(2月29日を含む1年については年109.8パーセントとし、1日当たりについては0.3パーセントとする。)を超える割合による利息の契約をしたときは、10年以下の懲役若しくは3000万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。その貸付けに関し、当該割合を超える割合による利息を受領し、又はその支払を要求した者も、同様とする。

 

出典:出資法

 

以上のように、金融業者には厳しい罰則が定められています。

 

 

グレーゾーンは、先程ご説明した2つの法律の金利が関係してきます。

 

出資法の上限金利は、2010年6月の改正まで年29.2%でした。

 

【出資法の上限金利の改正】

 

1986年改正 → 54.75%
1991年改正 → 40.0%
2000年改正 → 29.2%
2010年改正 → 20.0%

 

改正前の金利を例として、50万円融資する場合、現在では利息制限法では年20%の上限金利ですが、出資法では29.2%の上限金利でした。
大手消費者金融などでは当然利益が多く出る出資法で定める上限を基準としていました。要するに、この20%~29.2%の間をグレーゾーン金利という訳です。。
法改正以前は、利息制限法に違反しても行政処分などがありませんでした。そのため多くの金融業者は出資法の上限で融資していました。
更に混乱させたのが、貸金業規制法に「みなし弁済」というものがありました。

 

「みなし弁済」とは何か?
貸金業法の第43条に、みなし弁済というものが定められていました。
これは、「一定の条件を満たしている場合、利息制限法を超える金利で貸付けしても良い」というものです。
では、一定の条件とは何か?
債務者が『任意に支払った』
17条書面(契約書・貸付明細)を交付した
18条書面(領収書)を交付した
上記を満たしているとの解釈で、貸金業者はみなし弁済を大いに利用していました。
つまり「みなし弁済」とは、グレーゾーン金利を助長させるものでした。

 

金利利息は時代とともに大きく変わってきました。今では上記の上限金利の改正をみても割るように大幅に下がりました。

 

闇金ウシジマくんのストーリには、それぞれ実在する人物をリアルに描いている部分が多くあります。
例えば主人公のウシジマくんですが、この主人公もまた実在する人物を描いています。

 

ウシジマくんこと丑嶋馨(実在モデルの彼です)
相手が誰であろうと容赦ありません。しかし、分相応な生き方をする者や、どん底から這い上がろうとする者には情けを見せます。
ウシジマくんの実在モデルは「トキタセイジ」生まれは東京 出身地東京 1971年生まれ、彼の職歴は、街金業者→消費者金融→高金利貸屋→個人独立
彼は現在既に金融業から引退をして、不動産ビジネスを企業の顧問をしています。
トキタセイジという名前は、高金利貸屋(闇金業者)時代に使っていた数ある偽名の一つだったそうです。
彼は実際に働いていた、当時の法定金利内で営業していた街金会社かた、中堅とされていた消費者金融へ転職後、メキメキと頭角を現し、彼が配属された支社を全国ワースト2位の店舗から全国のトップ2位まで実績を上げた実力の持ち主でした。
そんな彼はある日同僚から「トキタさんのやり方なら闇金の方が稼げるのじゃないか?」と言われ、その言葉をきっかけに、高利貸(闇金業)へ転職し25歳の若さで独立をしたのです。
その後13、14年間程度闇金業者を経営、たくさんのパピヨン犬を飼っていたとの話から、漫画「闇金ウシジマくん」ではウサギを飼っているという設定になったそうです。

比較ページへのリンク画像